このエントリーをはてなブックマークに追加

南の島でバカンスを楽しむ

青い海と空、白い砂浜、風にそよぐヤシの木、美しいサンゴ礁…といった「南の島」に憧れるなら、海外旅行の行き先はモルディブ共和国に決まりです。
日本ではあまり馴染みがない国かもしれませんが、ダイビングスポットや保養地として世界に知られており、今までに住民を上回る程の観光客が訪れています。
今回は、そんな風光明媚なモルディブについて説明していきたいと思います。
モルディブ旅ガイドの入門編としてお読み下さい。
モルディブ共和国はスリランカ南西のインド洋に浮かぶ島国国家で、約26もの環礁、約1200もの島から成り立ち、そのうちの200の島に人が住んでいます。
首都は「マレ」で、使用されている言語はディベヒ語、主な宗教はイスラム教スンナ派で、住民のほぼ100%がこの宗教を信仰しています。
人口は約39万人で、主な産業は農業と漁業です。
モルディブのおすすめは、何といってもサンゴ礁です。
ダイビングやシュノーケリングが好きな人にはうってつけでしょう。
トロピカルな魚やサンゴがあなたを待っています。
また、青い海を眺めながら、ビーチでのんびりするのも乙な楽しみ方です。
さらに、忘れられない思い出を作りたいなら、水上コテージを借りて極上の時を過ごしてみませんか。
新婚旅行にぴったりのロマンチックなシチュエーションです。
モルディブ共和国は、あなたの夢を叶えてくれる、素晴らしい地上のオアシスです。
煩雑な日常を忘れ、心身共にリフレッシュするために、ぜひ訪れてみてください。

注目度がUPしている海外旅行の情報はこのホムペでチェックしてみてください

Copyright (C)2017イチからプラン考えよう!海外旅行.All rights reserved.