このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に行きたい東・中欧ヨーロッパの国々

今年の夏休みにおすすめの海外旅行の行き先は、東欧・中欧諸国です。
西欧に比べると日本ではあまり馴染みがありませんが、長い歴史を歩んできた民族の息吹が感じられる史跡や芸術、そして美しい自然が魅力的です。
また、観光客が西欧ほど多くないので、のんびり観光することができます。
最初にご紹介するのはクロアチアです。
クロアチアは1991年に独立したばかりの非常に新しい国家です。
観光の目玉は、可愛らしい街並みが印象的な首都ザグレブ、アドリア海の真珠といわれる町ドゥブロブニクです。
ザグレブには文化的に貴重な建築が多々あります。
治安も良く、夜に出歩いても大丈夫なくらいです。
ドゥブロブニクでは、内戦で多くの文化財が焼失しましたが、現在では市民の手によって忠実に復元されました。
海に面した街で、美しいビーチが魅力的です。
次にご紹介するのは、バルト三国と呼ばれるエストニア・ラトビア・リトアニアです。
これらの国はそれぞれ異なった歴史を歩んできていますが、まとめて「バルト三国」と呼ばれています。
ロシアに程近いですが、三国とも西欧的な文化を有しています。
それぞれの首都タリン・リガ・ビリニュスの旧市街が世界遺産に登録されており、豊かな歴史と壮麗な建築を目の当たりにすることができます。
さらに穴場な国といえば、マケドニアがあります。
マケドニアもクロアチアと同様、1991年に建国されましたが、その歴史はアレクサンドロス大王にまで遡れるほど古く、歴史的建築もたくさんあります。
おすすめはオフリドです。
大きな湖の美しさもさることながら、旧市街には300以上もの教会がひしめいており、圧巻です。
Copyright (C)2017イチからプラン考えよう!海外旅行.All rights reserved.